電力の自由化とは

電力の小売全面自由化とは

これまでは地域で定められた電力会社としか契約できませんでしたが、2016年4月より電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含むすべての消費者が電力会社を自由に選べるようになりました。 ライフスタイルや価値観に合わせ、電力会社やサービスを選ぶことができます。
電力会社を変えても電気の品質や信頼性は変わりません。

電力自由化による電力販売の変化の図

電力供給の仕組み

電力小売全面自由化後も、電力供給の仕組みには原則変更ありません。
電力は発電所→送電線→変電所→配電線の経路で消費者まで届けられます。電力の供給システムは(1)発電事業(2)送電事業(3)小売事業の大まかに3つの部門に分類されます。

電助では昭和シェル石油株式会社と協力体制を築き、販売代理店として電力をご提案しています。
昭和シェル石油は、大型かつ環境に配慮した発電所を運営し、安定的な電力供給を行っています。万一、昭和シェル石油の発電設備がストップしても、一般送配電事業者から電気供給が行われるので、停電が起こることはなく、お客様にはご迷惑をおかけいたしません。停電や受電トラブルが起こった場合も、一般送配電事業者のお客様への対応は従来と同じです。

電助の電気供給の仕組みの図

(1)発電事業者

発電所を運営し、電気を作る事業者です。

(2)一般送配電事業者

発電所から消費者までつながる送電線・配電線などの送配電のネットワークを管理します。
送配電は安定供給を担う要のため、今まで通り政府が許可した企業(地域の電力会社)が行います。

(3)小売電気事業者

電力自由化に伴い、新たに事業者が参入できるようになりました。
電助では小売電気事業者である昭和シェル石油株式会社との協力体制のもと、販売代理店としてサービスを行っています。

お問い合わせ・お申込みは

昭和シェル石油(株)電力販売代理店 株式会社電助

TEL.0365512449

メールでのお問い合わせはこちら

〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-10-1 有楽町ビル718